FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

グラゼルネ

2016-02-01
グラードンゼルネアスクレセ
メガガルマニューラモロバレル

ポケモン名技1技2技3技4特性持ち物
グラードン断崖の剣大地の力オーバーヒート守る日照り(終わりの大地)紅色の珠
ゼルネアスマジカルシャインムーンフォースサイコショック守るフェアリーオーラ拘り眼鏡
クレセリアサイコショック瞑想電磁波月の光浮遊メンタルハーブ
ガルーラ恩返しけたぐり猫騙し不意打ち肝っ玉(親子愛)ガルーラナイト
マニューラ氷柱落とし叩き落とす猫騙しフェイントプレッシャー命の珠
モロバレル種爆弾クリアスモッグ茸の胞子お先にどうぞ再生力オッカの実


ゼルネアスの攻撃の通し方を考えた結果私はこうなった。
グラードンを過大評価してた。
あとモロバレル30戦近くで4,5回しか選出できなかった。
バコウならもうちょっと出せた気もするがモロバレル自体があまり強いルールではないなと思った。

グラゼルネ の続きを読む

スポンサーサイト



tag :

放電メガジュカイン

2014-12-14
メガジュカインロトム炎ガブリアス
トゲキッスゲッコウガギルガルド
ポケモン名技1技2技3技4特性持ち物
ジュカインリーフストーム龍の波動気合玉守る新緑(避雷針)ジュカインナイト
ロトム炎放電オーバーヒート10万ボルト目覚めるパワー氷浮遊拘りスカーフ
ガブリアスドラゴンクロー地震岩雪崩守る鮫肌ヤチェの実
トゲキッスマジカルシャイン火炎放射この指とまれ守る天の恵みゴツゴツメット
ゲッコウガ冷凍ビーム悪の波動岩石封じ守る変幻自在気合の襷
ギルガルドシャドーボールラスターカノン影うち守るバトルスイッチ弱点保険

全体的に火力低すぎて弱すぎました。あとニンフィアで死ぬ。
ジュカインもデンリュウと同じで、最初からメガシンカ状態で使用できればまだ違う感想を抱けただろうなって感じ。
使用感としては相手の電気封じにはまず使えない上、電気は8割方めざ氷を持っているばっかりに処理できないのなら引くしかないという体たらく。
補正なし±0リーフストームでは砂下のH207バンギラスも倒すことができず、補正をかけると意地っ張りスカーフランドや臆病メガライボルト、臆病メガゲンガーなどに悉く抜かれるというなんとも頼りにならないポケモンでした。
えらく酷評しましたがいい点もいくつかはあって準速でもメガボーマンダを抜ける。
放電さえ撃てればリーフストーム後の火力低下による起点にもなり辛く、CSが高いので比較的睨める相手も多いです。
ただ、メリットが生きる場面とデメリットで死ぬ場面考えたらデメリットで死ぬ場面の方が多いと思います。

このパーティの中ではHBゴツメキッスがすごい輝いてたのでこいつはもうちょっと振り方考えてやりたいかなくらい。といってもSを弄るかどうかでいっぱいいっぱいですが。
tag :

エンテイ軸『ボツ案』

2014-07-01
エンテイメガフシギバナサザンドラ
バンギラスマリルリメガクチート

ポケモン技1技2技3技4持ち物特性
エンテイ聖なる炎ストーンエッジアイアンヘッド守る食べ残しプレッシャー
フシギバナギガドレインヘドロ爆弾宿木の種守るフシギバナイト新緑
サザンドラ流星群悪の波動火炎放射大地の力拘り眼鏡浮遊
バンギラス悪の波動冷凍ビーム火炎放射岩石封じ突撃チョッキ砂起こし
マリルリ滝登りじゃれつくアクアジェット守るラムの実力持ち
クチートアイアンヘッド叩き落とす不意打ち守るクチートナイト威嚇

今回はパーティ単位でのボツ案。
ここまで考えたけど結局ボツに。
ボツにした理由は後述。

エンテイをメインに置いて、相方として炎と好相性な草の中でも特に使ってみたかったメガフシギバナを添えてスタートしたパーティ。
炎+草はメガニウムドランを使って以降かなり気に入っている組み合わせ。今回もそれを軸に考えてみました。
メガフシギバナはトリパの面子に対する耐性が低いポケモンなのでトリパに対抗でき、トリパ以外にも選出しやすいクチートを裏のメガ枠として採用。
非常に炎がきつい面子になってしまったため、耐性を持ち打点のあるサザンドラと天候に対応できるバンギラス。
炎草毒に対する耐性がクチートと使い分けでき、地面に打点を持てるマリルリを突っ込んでこの形となったのですが、先述したとおりボツに。

ボツにした理由は色々あります。
単体技しかないためにモロバレルやトゲキッス+の並びに非常に弱い点。
S操作のない中低速パーティであり、自分優位で対戦を展開できる要素がない。
対霊獣ランドロス。及び地面技の一貫。
バンギラスとサザンドラが守れない。
この辺り。
なんとかして誤魔化せないか考えたのですが、ボツにしてリセットしたほうが早そうだったので切りました。


聖なる炎習得を聞いてから幾度となく考えてはいるのですが、全然形にならなくて苦戦している一匹です。

tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>