FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

メガニウムパ

2012-06-20
BW2発売前の最後のダブルPT
メガニウムヒードランラティオス
ドサイドンローブシンルンパッパ
メガニウム入り。
ガチ思考というよりは趣味思考のPTと言えると思う。
一応雪影さんのところの大会では4位に入れました。
メガニウムに笑ってメガニウムで泣いた大会でしたね。

ポケモン名技1技2技3技4特性持ち物
メガニウムリーフストーム宿り木の種リフレクター守る新緑草のジュエル
ヒードラン熱風大地の力身代り守る貰い火食べ残し
ラティオス流星群サイコキネシス日本晴れ守る浮遊気合の襷
ドサイドンドリルライナー岩雪崩アームハンマー守るハードロックオボンの実
ローブシンドレインパンチ岩雪崩マッハパンチ見切り根性格闘ジュエル
ルンパッパハイドロポンプギガドレイン宿り木の種守るすいすい広角レンズ


まず中心がメガニウム。そのお供にヒードランまでは第一段階で決まっていて、決まっていなかったのは残りの4枠。
元はラティオスではなくシャンデラに圧力のあるサザンドラを採用してあれこれ入れて使っていたのだが、ボルトロスへの打点が低く組み直すことに。
そこでドサイドンという案をいただいてメガニウムドランドサイから始め、竜をサザンからラティオスに変更。
雨やトドンが辛いので電気等倍が気になるもののルンパッパ。ノオーやバンギ殴りにローブシンを起用。
まだ雨に不安材料があったのでラティオスは襷日本晴れにしてこの形となった。
余談だけど大会ではボルトロスに当たらなかった気がする。
パチロトム。バンドリュ。バンドリュ。バンギガブ。スイッチトリパ。スイッチ雨パ。
※1回目のバンドリュがボルト入りでした。それ以外は多分なし。

個体は下3体が流用個体なので省きます。まぁほとんどテンプレだと思ってください。
ルンパッパは猫騙しにしたかったのですが、今回の大会では宿り木で正解だったようです。

ドランラティドサイがうまくハマってくれたお陰でそこそこ勝てた印象。
選出パターンは
対雨
先発 メガニウムラティオス
後発 ルンパッパローブシン(orヒードラン)

対スイッチトリパ(猫持ちがハリテのもの)
先発 メガニウムラティオス
後発 ドサイドンヒードラン(ローブシン)
猫要因がカポの場合少し変わったり変わらなかったり。

対霰
先発 ラティオスヒードラン
後発 ローブシン+何か

対砂は割とどれでも選出します。

大抵こんな感じ。
メガニウムの強さに関しては正直中途半端。
イメージからかバンギラスはおろかニョロトノや水ロトムも割と突っ張ってくるため、初見殺し的に狩ってるに過ぎないところはある。
が、そこも一種の強さであることに違いはない。
ただもちろんメガニウムがどういうことが出来るポケモンかを把握している相手に当たった時が一番真価の問われる時であるため、別に強いとも言えないポケモンである。

ちなみにクレセリアは宿り木の種で養分にしてヒードランで身代り張って倒しましょう。
瞑想眠るとか知りません。
スポンサーサイト



tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>