FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

カロスダブルでの意識

2014-03-19
新しいパーティが全く浮かばないので意識したいことをまとめてみよう的なやつ。
挙げるだけ挙げて投げる予定。

1.S169
私がカロスダブルやってみた時に感じた一つのS基準。
Sの操作手段に安定したクレセリアがいない上、ガブリアスには電磁波が当たらない。
その上凍える風や追い風も全国に比べて使用できるポケモンが限られる為、ここを自然に抜ける数が多いか少ないかでガブリアスの重さが変わってくると感じた。
最も数の多い一匹なのでメタって損はないと思うが、余りに高速に固めると高火力先制技持ちに弱くなりやすい(特にファイアロー)。

2.ファイアロー対策
このルールではバンギラスが若干落ち目であり、電気もほぼロトムのみとファイアローの攻撃範囲は非常に広く刺さる。
飛行の一貫性が強いパーティになりやすくなってしまうため、なるべく低リスクで処理する手段を用意したい。
このルールで威嚇を採用したい最も強い理由がこいつだと思っている。
ファスガはワイガに比べて若干汎用性が低いのが難点。自身は動かないので関係なくはあるのだが使い手がどいつもこいつもファイアローに弱い。

3.地震の一貫
ほぼ撃って来るのはガブリアスだが、そのガブリアスが多いルールであるため地震に耐性を持たせることは非常に重要。
ドラクロ・地震・岩雪崩・守るが鉄板であるため、ワイドガードがある程度有効。
隣に付くことのあるサーナイトのマジカルシャインやメガリザードンYの熱風も無効化できるため、ファスガより使う機会は多い。
当然ワイガの使用に一体使うよりは浮いてるポケモンなどで地震を打ちにくくする方が楽だと思う。

4.ガルーラ対策
強力な火力と1発では沈まない程度の耐久・耐性を持ってるガルーラ。
ダブルにおいて強いのは言わずもがなの猫騙しを威力40とは思えない火力でぶっ放してくるので初手から気を抜けない。
特に猫騙しの火力も相まって拘り持ちをぶつけにくいので、素で処理を狙えるポケモンでないと安心できない。
またグロウパンチの積み技もあるため鬼火や威嚇でA下げて終わりともいかない。
守るを切っていることも多いとはいえガルーラを狙わせて本命が隣にいる場合もあるので(腹太鼓マリルリや眼鏡サーナイト等)、単体技集中よりは全体技+単体技などで処理したい。
耐性面では噛み砕くや不意打ちがあるとはいえやはりゴーストがいい。あとはノーマルとフェアリーに耐性を持てる鋼。ただし鋼はグロウパンチがある分ある程度の火力が欲しい。

5.全体技
リザバナでも書いたのだが、今作は1回の攻撃で1体を処理する手段が減っている。
単体技+単体技では守るのリスクが常に付きまとうため、全体技+単体技で片方に負担をかけつつ片方を潰すというのが理想。
あくまで理想であってこうなることはほぼないのだが読みにかかるリスクが減ったり調整崩しになったりするので積極的に採用していきたい。
ただし単体にかかる負担は単体技の方が強い点とワイドガードで止まる点だけ注意。

パッと浮かんだのはこの辺で、あとは使用率上位層に負けないように考えながら組んでいくのがいいと思う。
追記はただのオマケ。

カロスダブルでの意識 の続きを読む

スポンサーサイト



tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>